死生観の変化

時代は代わり、人の生き方も大きく様変わりしました。
昔は良いとされていたものが、今ではもうすっかり見向きもされなくなっている。あるいは逆に、昔はしてはならなかったことが今は推奨されている。自由に行われている。
そうやって少しずつ、時には大胆に変わっていくものはたくさんあります。

生き方が変わったことによって、人の亡くなり方、亡くなったあとのことも変化しました。例えば葬儀の形も、昔と今ではまったく違ってきています。

人が亡くなれば、葬儀が行われます。それは昔も今も変わりません。
しかし、昔には葬儀のことを「葬祭」とも呼んでおり、葬儀とは一種のお祭りであったことがわかります。ここで言うお祭りというのは、決して「めでたいこと」ではありません。
人が亡くなることを葬祭、お祭りにしようという考えは、亡くなった人の魂が末永く幸せに暮らせますように、という願いを込めてのものです。
亡くなった人がこれからもずっと私たちを見守っていてくれるのだから、悲しむ必要なんてない。葬祭という言葉に込められたメッセージはそのようなものです。

昨今では、葬儀からお祭り、葬祭という意味合いは少しずつ薄れてきてしまいました。人の死生観の変化を顕著に受け止めた結果であると思います。
しかし、それは人の死を軽く見るようになったから、ということを必ずしも意味するものではありません。むしろ、大切な人の死を、遺された家族や友人たちが独自に解釈し、受け止めたいと考えるようになったことで、葬儀・葬祭という在り方が移り変わってきたのだと見えます。

昔では当たり前だった葬儀の形が、今では当たり前ではなくなってきています。
しかしそれでも、誰の心の中にも、大切な人の死を悼む気持ちは、変わらずそこにあるのではないでしょうか。

オススメ情報

アーカイブ

カテゴリ

  • カテゴリーなし